免震・制震 耐震の強さの違いを簡単にわかりやすく説明

マイホーム探しをしていると「地震に強い家」という売り文句が目に付きます。
最近は地震への備えも気になりますから、「地震に強い」と言われると魅力的なフレーズに聞こえます。

私の買ったマイホームは充分に地震に備えられたものだったのですが、たまたま購入したものがそうだったというだけで、特に意識していたわけではありませんでした。

住宅ローンが何十年とあるのに、しっかり地震のことを考えなかったなんて危なかったです。

 

スポンサーリンク

免震・制震・耐震の強さの順番

耐震という言葉はすっかり馴染みのあるものになりましたが、似たような言葉で制震や免震というものもあります。

制震や免震という売り文句が載っていても、耐震と同じ意味と捉えていませんか。そもそも、耐震、制震、免震では設計や構造が違います。

地震に対する強さの順は免震、制震、耐震となります。

 

一番強い免震設計

免震設計とは、簡単に言えば、地面から浮かせるように建物を建てて、地面の揺れを建物に伝えないようにする構造や設計のことです。

以前にあった大きな地震の時には、免震設計の元、建てられた建物内の人が、その揺れに気付かなかったこともあると言われるほどです。

免震設計のデメリットは、構造上、地下室が作れないことと、大掛かりな工事が必要なため、住宅密集地域では工事が出来ない、またどうしてもコストが掛かることです。

 

スポンサーリンク

次に強い制震設計

制震設計は、地震の揺れを減らしながら建物に伝えるような設計です。

外壁と内壁の間に、ゴムやオイルを元とする制震ダンパーというパーツを組み入れる構造です。

免震設計ほどコストは掛からないようですが、改修時などの後付けでは良さを発揮しにくいと言われているので、新築や大掛かりなリノベーションの時でないと利用しにくいようです。

 

3番目に強い耐震設計

耐震設計は、壁など家そのものを強くすることで揺れに耐えることを目的とした設計です。

耐震等級には1~3まであり、現在の建築基準法に基づいて建てられたものであれば、最も低い等級の1が付くようになっています。

しかし、2016年に発生した大地震(熊本県)の後を見ていると、もしすると等級1では不十分なのかもしれません。

住宅の新耐震基準とは?「耐震等級1」では足りないかも?

2017.06.23

 

スポンサーリンク

おわりに

地震への備えを高めようとすると、設計に構造の専門家が必要になったり、基礎工事では杭の本数を増やさなければならないこともあり、どうしてもコストが高く付いてしまうことがあります。

しかし、地震はいつ発生するか分かりませんし、その際に家が無くなってしまっては元も子もありません。

これを機にに免震・制震・耐震に関しても興味を持ち、考えて一生を共にするマイホームを決断して下さい。

始めにお金だけ気にして後で大損、などということにならないようにお気を付けください。

神奈川県・男性

木造住宅の耐震診断と耐震補強工事はした方がよいのか?

2017.07.06

土地を探している方へ。家は地盤がいちばん大切です!

2017.05.15

揺れやすい地盤で80万円の出費が発生した土地購入・・・

2017.04.22