マイホーム探しで必ず確認すべき交通と周辺施設【初歩】

どこのエリアにあるマイホームを選ぶかというのは、これから暮らす街を選ぶということになります。

「実家の近くがいい」「自然が豊かなところがいい」「とにかく駅近がいい」などおおまかなエリアが決まっている場合でも、どれもこれもというのはなかなか難しいもの。

特に予算もあることなので、どこかで折り合いをつけたり、逆に欲しいポイントは押さえられているので安くて希望に応えるマイホームをゲットという可能性もあるかもしれません。

中古戸建の探し方。優先順位を決めておかないと買えないと知った

2017.04.17

物件探しのコツの一つ。家族(自分含む)の絶対条件設定

2017.04.16

 

スポンサーリンク

物件の交通チェック

通学や通勤にかかる時間と利用する交通機関や路線の本数とラッシュ時間の混み具合などを確認すると、本当にその場所が通勤・通学の利便性があるかどうか分かります。

仕事の場合は異動が決まった後でも無理がないかということも視野に入れておきたいものです。

最寄り駅へのアクセスは、通勤や通学だけでなく買い物に使う駅も考えておく必要があります。徒歩でどれくらいかかって、荷物は運べる距離かどうか。

始発と終電は何時で、自宅から駅までバス利用なら運行本数は十分にあるかなども確認しましょう。また、帰り道に街灯が整備されていて夜道が暗くないか、見通しがいいかなどもチェックしておきましょう。

 

物件の周辺施設チェック

毎日のように行くことになるスーパーやコンビニ、週末のまとめ買いに便利な大型のショッピングセンターへのアクセスもチェックしておきましょう。駅から自宅の途中に食品を買えるスーパーがあると、毎日の買い物がスムーズになります。

病院や銀行、郵便局なども使う頻度が多くなればなるほど近くにあって欲しいもの。内科や小児科、歯科などの病院はチェックしておきましょう。

そのほか、図書館や体育館、市役所などの公共施設の場所も確認しておいて損はないです。

小学校や中学校はどこの校区に含まれているかも確認をしておきましょう。子供を通わせたい学校がある場合は、教育委員会や不動産屋さんに聞いてみましょう。

家を建てる学区は果たして子供にとって重要なのか?

2017.05.08

家購入での子供の転校について早期に真剣に考えなければいけない

2017.04.04

 

スポンサーリンク

おわりに

マイホームとして検討中の物件が今は利便性はそれほど良くないエリアでも、最近は再開発によって商業施設が充実したり暮らしやすい街になることもあります。

自治体の新しい街づくり計画情報に目を向けて確認してみるのもおもしろいかもしれません。

栃木県・男性

物件の下見では街中の注意看板や通学児童の様子を自分の目で見よ

2017.05.18

中古マンション購入の下見で最も重視したのは「隣人」です

2017.04.23

物件下見のポイントは様々な角度から。一生住む家だから念入りに

2017.04.13