フラット35団体信用生命保険が大きく変わった!2つの変革とは

フラット35の団体信用生命保険のシステムが2017年10月から大きく変わりました。

⇒団体信用生命保険についての簡単な説明「団体信用生命保険とはわかりやすく言えば住宅ローン生命保険

フラット35は実質的に以前の制度よりも特になりました。フラット35の団体信用生命保険の2つの大きな変革内容として、

  • 団体信用生命保険料が金利に含まれるようになる
  • 団体信用生命保険の保障範囲が底上げされ充実する

以前のシステムより数字上でも優れている点を、フラット35の運営側である住宅金融支援機構も発表しているため魅力ある改善となっています。

ここではフラット35の利用を考えている住宅購入者にとってメリットとなる内容を紹介します。

スポンサーリンク

フラット35の団体信用生命保険料が金利に含まれる

新制度で最も注目を集めているのは毎月の支払いに団体信用生命保険料が含まれるようになるという点です。通常の住宅ローンではこの団体信用生命保険料は金利に含まれています。今回の新制度でフラット35も同じ体制へ変わりました。

以前はフラット35で35年間借入をした場合は、毎年のローン残高1,000万円に対して毎年35,800円の団体生命保険料が発生していました。例えば3,000万円の残債が残っていれば単純に35,800円×3=107,400円の支払いが固定資産税などの税金以外にも毎年発生していたということです。この支払い負担の重みを感じ、フラット35を利用しない住宅購入者が多い状態が続いていました。

フラット35団体信用生命保険の保障範囲底上げ

団体信用生命保険の新制度では保障内容がより手厚くなりました。

以前の保障範囲

  • 高度障害
  • 死亡

であるのに対して新制度では

  • 身体障害保障
  • 死亡

の保障範囲まで広がりました。

死亡に関してはどの住宅ローンにも付随している保障ですが、この身体障害保障の住宅ローン団体信用生命保険での採用は2017年2月1日時点で日本発となります。

新制度の3大疾病付団体信用生命保険の保障内容

加えて新制度では3大疾病付団体信用生命保険の保障内容もより手厚くなりました。

現在の保障範囲は

  • 3大疾病
  • 高度障害
  • 死亡

であるのに対して新制度では

  • 3大疾病
  • 身体障害保障
  • 死亡
  • 介護保障(追加)

となり介護保障が加わります

3大疾病付団体信用生命保険加入の場合は金利が0.24%上乗せになります。保障内容のさらなる詳細内容を知りたい方は住宅金融支援機構のホームページで確認してみて下さい。

スポンサーリンク

フラット35団体信用生命保険新制度の金利

肝心の金利ですが新制度の金利は0.28%上がりました。この0.28 %上がったことによる新・旧制度の比較について住宅支援機構がわかりやすい説明をしてくれていますので以下紹介します。

【借入額3,000万円・期間35年・元利均等払い・ボーナス払いなし】※記載金利は例としてあげている

◆2017年10月1日以前の旧制度・金利1.12%

  • ローン総支払額 約3,628万円
  • 団体信用生命保険料の総支払額 約204万円
  • 総支払額合計 約3,832万円

 

◆2017年10月1日以降の新制度・金利1.40%(0.28%UP)

  • ローン総支払額 約3,797万円
  • 団体信用生命保険料の総支払額 不要
  • 総支払額合計 約3,797万円

 

新体制の方が約35万円の得という結果

住宅金融支援機構ホームページ参照

上記の例のように金利が0.28%上がるが35年間通算すると新制度の方が得であることが数字で示されています。

団体信用生命保険に加入しない場合の金利

団体信用生命保険への加入は任意となります。加入しない場合は通常の金利より0.2%引き下げの金利適用となります。健康面での問題などで加入が困難な人でもフラット35は利用できます。

団体信用生命保険が夫婦連生(デュエット)加入の場合の金利

借入金利+0.18%となります。

3大疾病付団体信用生命保険利用の場合の金利

借入金利+0.24%となります。

団体信用生命保険新制度フラット35Sの優遇金利

新制度ではフラット35Sの金利優遇はこれまでの0.3%から0.25%優遇へと変わります。実質0.05%の優遇幅の縮小となりました。

団体信用生命保険料の支払いが必要なくなったことがこの優遇幅縮小へと繋がった形となりますが、フラット35Sの優遇期間は最長でも当初10年に設定されているため従来の制度より得であることに変わりはありませ

スポンサーリンク

フラット35団体信用生命保険まとめ

  • 団体信用生命保険料が金利に含まれている
  • 身体障害保障がついている
  • 3大疾病付団体信用生命保険では介護保障あり。金利+0.24%
  • 団体信用生命保険非加入の場合は金利-0.2%
  • 夫婦連生(デュエット)加入は金利+0.18%
  • フラット35Sは金利優遇0.25%

 

旧制度より新制度の方が得であり申込者の増加も見込まれていきます。フラット35の利用を考えているマイホーム購入者にとってメリットのある制度変更であったことは間違いありません。

【年収別】フラット35でいくら借りれるのか(2018年7月更新)

2018.03.01

団体信用生命保険の特約は必要か?

2017.05.23

団体信用生命保険とはわかりやすく言えば住宅ローン生命保険

2017.02.28